ページタイトル
pix

ヘリコプターの操縦士免許取得訓練は今までは海外が主流でした、それは安い費用で短期間(2週間~2ヶ月程度)に、ほとんど誰でも取得できるというメリットがあったからです。

そして海外ライセンスも日本に帰国後、国内の自家用操縦士の資格に簡単に切り替えることができました。(今は国内の学科試験5科目を受験し、少なくとも法規の試験には合格しなければ国内のライセンスは発行してもらえません。)。しかし、操縦の資格を取得する事と実際にヘリコプターを操縦する事とは全く別のものです、たいして勉強もしないで 60時間程度の操縦練習をしただけで一人前に飛べるほどヘリコプターの操縦は簡単ではありませんし、日本には海外でライセンスを取得しただけの人にヘリコプターをレンタルしてくれる所は1カ所もありません。

PIX

どんなにお金を積んでも貸してはくれません。
なぜならとても危ないと考えるからです。
あなたがもしライセンスを取得して本当に自分自身で自由に日本の空を飛びたいのなら、弊社は国内での訓練・国内受験をお薦めします、日本の空を本当に飛びたいのであれば結局それが一番の近道だと弊社は考えるからです。 しかし免許取得までの費用や期間に制約があるのであれば海外訓練を併用しての受験も選択肢として非常に有効な手段です、その場合には少なくとも初期講習だけはたとえ数時間でも日本で受けておかれることをおすすめします。
日本の空を飛ぶ時にどういう事が求められるかを知って訓練するのと知らないで訓練するのとでは海外で操縦訓練をする場合でも得るものが全く違ってくるからです。