ページタイトル
ヘリコプター免許講習

「ヘリコプターを自分で操縦したい」、「操縦免許を取ってみたい」という方のために、当社では操縦士免許の取得に関する様々なサポートを行っております。

操縦士免許の取得についてのお問い合わせの中で数多くの方が訓練費用の問題を持たれています、 この問題を少しでも解決できるよう弊社では免許取得費用の訓練費分割払い制度を新設致しました。 熱意を持ち相当の努力もしているけれど訓練費用をまとめて払うことができないという方、ご相談下さい。

ヘリコプター操縦免許の種類

ヘリコプターの免許は、大きく「自家用操縦士免許」と「事業用操縦士免許」の2つに分かれます。 趣味の範囲でヘリコプターを操縦される方は「自家用操縦士免許」を、「ヘリコプターに関する仕事をしてみたい」と考えている方は「事業用操縦士免許」と、目的によって免許を取得されるのがよいでしょう。 また、タービン機・ピストン機など搭載エンジンの種類によっても取得免許の資格が分かれます。 以下に操縦士免許の種類についてまとめましたので、ご参考にしてください。

免許の種類 ヘリコプターの等級 備考
自家用操縦士免許
事業用操縦士免許
陸上単発ピストン 着陸装置が車輪タイプかスキッドタイプになっていて
陸上に着陸します。
陸上単発タービン
陸上多発ピストン
陸上多発タービン
水上単発ピストン 着陸装置がフロートタイプになっていますので
川、湖、海に
着陸できる構造です。
水上単発タービン
水上多発ピストン
水上多発タービン